■アンティークな輸入家具でリフォームや建築!?■

本日、新たなお客様との出会いがありました。お問い合わせから物件のご案内です(^^♪昭和60年建築の中古マンションで、室内はリフォームされておらずそのままの状態です。最近はリフォーム済みの物件も多く存在しており、見た目の印象からリフォーム済みを好まれるお客様が多く、今回も「室内の状態が・・・。」となってしまうのかな?と思っておりましたが、私のとんだ勘違いでした( 一一)お客様のお話しでは、京都にある海外から輸入家具や雑貨を取り扱っているお店があり、例えば築年数の古い扉。この扉のサイズに合うアンティークな建具を見つけて取付けたり。。。照明を付け替えたり。。。すべて一点もので自分好みのリフォームが出来るということ(^^)/また、最近では南港にある輸入資材でお家を建築する事をコンセプトにされているショールームもあるんですね!私は知らなかったのでとても勉強になりました。お客様からインスタを教えてもらい、早速フォローしました☺価格もお安いみたいですよ(^^♪お客様お一人お一人のお好みがありますが、確かにそういうコンセプトで物件を見て頂くと可能性は無限に広がりますよね♪今日も勉強になりました。新しい出会いに感謝です(^^♪

  • アンティーク輸入家具